抜け毛

30代の抜け毛の悩み

30代になってから抜け毛に悩んでいる人は多いと思います。特にハゲの家系に生まれた人は本当に深刻な悩みでしょう。そういう私も今年40歳になりましたが、抜け毛がひどくなり、かなり悩みました。リアップを使ってみたりしたのですが、全然効果がなく、何がいいのか本当に悩みました。

 

そこで目にしたのが、爆笑問題がCMしている「AGA対策」の薬です。今は医者にかかれば薬が飲めるのだと目からうろこが落ちた思いでした。

 

でも、プロペシアという薬は保険対象外なので、月に8000円自費で負担しないといけません。私は月に8000円で髪の毛が再生するなら安いものだとおもったので、すぐに医者に処方してもらいました。

 

今のところ髪の毛はまだ生えてきません。プロペシアは1年単位で効果が出るものらしいので、これから毎月8000円払い続けなければなりません。それだけでも不安なので、私は育毛シャンプーを使っています。ウーマシャンプーというのですが、ウーマシャンプーは育毛効果があるらしいです。

 

確かにウーマシャンプーを使ってから抜け毛がぴたっと止まりました。これはかなり効き目があるなとおもっています。その他にも入浴後に頭皮をマッサージして医者から処方された「フロジン」という外用薬を髪にふりかけてマッサージしています。フロジンは保険が利くので、助かっています。ただ、フロジンはかなり髪がべたつくので、個人的にはあまり好きではありません。

 

その他にも、「セファランチン」という飲み薬を一日に食後3回飲んでいます。効果のほどはまだ分かりませんが、これはフロジン同様気休め程度に服用しています。

 

サイトによってはプロペシアも効果がないというものもあります。そんな人には、レーザー光線を与えて頭皮を刺激する商品が進められていますが、値段が47000円と高いです。それにレーザー光線というのがなんとなく怖くて手をつけていません。

 

いろんな育毛剤がありますが、20代のころはリアップで髪が再生したのですが、40歳になってからはリアップが効かなくなりました。やはり年には勝てないなあとおもっています。リアップ以外にも育毛剤は発売されていて、お試し期間90日間という製品もあり、効き目がなかったら全額返金するという商品もあります。

 

私は育毛剤にはあまり期待をしていないので、プロペシアに賭けています。一年の総額にしたら96000円かかりますが、プロペシアは、もともと前立腺がんの医薬品として開発されたそうで、その副作用として発毛効果があったことから医薬品として認可されたらしいです。

 

抜け毛の悩みは年齢によるものが多いですが、ストレスからくる抜け毛もあります。仕事がハードすぎて髪の毛が抜けてしまうことも多々あると思います。あまり無理をせず、自分の背丈にあった仕事を探すのも一手かなと思います。ストレスは現代を生きる私たちには避けて通れないものですが、あまりにストレスがたまりすぎると髪は抜けてきます。そうしているうちに、不眠症になったりウツになったりしかねません。

 

過度のストレスがたまる暮らしはなるべく避けたほうがいいと思います